短い期間で契約が可能|留守宅管理の方法について考える|リロケーションとは

留守宅管理の方法について考える|リロケーションとは

マンション

短い期間で契約が可能

マンション

フリーレントの物件について

最近、よくみかける賃貸物件にフリーレント物件があります。このフリーレントという賃貸物件ですが、通常賃貸契約期間は2年間とされています。毎月家賃を月末までに支払う契約なのですが、契約開始から数か月間は家賃がまったく発生しない物件なのです。一定期間は家賃の支払いをせずともよく、その期間は物件によって1か月の場合もありますし3か月間まったく家賃がかからないケースもあります。一定期間はまったく家賃がかかりませんので、引越したはいいがまだ仕事も始めたばかりで試用期間のため固定給ではなく時給制で、まだはじめのうちは給料が少ないといった方などは初期費用が安く抑えて部屋を借りることができますので非常に便利な契約となります。

なぜフリーレントは家賃がかからないのか

フリーレント物件とは、家賃が一定期間かからない賃貸物件です。なぜ家賃がかからないのかというと、それだと大家さんに収入が入ってこないことになります。それには、大家さんの事情があるからです。大家さんの一番のリスクは部屋を誰もかれてくれず空室になることです。そのため家賃を安くして借りやすくしやすいようにしたいところですが、家賃を安くしてしまうとずっとそのアパートに住んでいた人は不公平ということになります。家賃を下げることができない代わりに一定期間家賃免除という形をとっています。ただし、フリーレントの期間に退去されると無償で部屋を貸してしまうことになるため、早期退去は違約金が発生するなどといったことになります。